blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« 『パリであなたの花束を』I.Mさまのためのブーケ。 | HOME | Happy Birthday Reiko!! »

2022年4月24日

1000オカンのわけ。


母の日のギフトフラワーのご注文を受付中です。

アイロニーの母の日は、フリーランスで始めたころも合わせて22回目。
毎年毎年試行錯誤の繰り返しでした。

贈り物としての特別な花が、主軸にあるアイロニーにとって、
日本における母の日は、一番の繁忙期になります。

繰り返しできた中で、
この母の日(今年は5月8日)の前後数日は通常期のように
オーダーメイドで一件一件違うものも作るのではなく、
花材とスタイルを絞って、
華やか雰囲気と
優しい雰囲気の2パターン。
お任せ。はこのどちらか。
5000円8000円10000円15000円
と価格設定も限定させてもらっています。
(通常時は細かく指定してもらえます)

使用する花材を限定しているのは、
通常時の品質を維持するためです。
母の日の期間は全国的に花の需要が増えますから、
農家、市場、問屋に注文が殺到して、品質の良くないものも増えます。

企画商品に絞らず、一つ一ついろいろなテイストのオーダーに
対応しようとしていた頃は、注文していた花の品質が
いつもより良くなかったりするものも出てきてしまうことも多々ありました。

15年ほどは企画商品に絞り、普段のクオリティを保って出荷してくれる
花を厳選して、産地、市場、問屋に注文をかけて花を揃えています。
それでも、もちろん年によってこれは良くなかった
これは良かったとのバラツキは出てきますが、
それを毎年フィードバックして、
かなりよいクオリティを保てるようになっています。

そして、もう一つの理由は
なるべく沢山のオーダーにお応えするためです。
アイロニーは、目的として
お客様にとって世界一好きな花屋になることを目指しています。

特別な花屋として、ここぞというときにはいつもアイロニーに花を頼む。
というような花屋。
アイロニーの花じゃないと嫌なのというお客様を大切にしていき
関係を築いていきたいと思っています。
なので企画商品が早くに完売する。ということは
ありがたいことではあるのですが、
その裏では、アイロニーを世界一好きな花屋だと
いつも言ってくれている人が、母の日に買えなかった。
というようなことも起こっているわけです。

そういうことも何度か経験してきて、
『通常時の品質を維持しながら』
『なるべく沢山の依頼にお応えする』
という二つのことを満たすために、
企画商品のみに絞り、
4月いっぱいで、前もってできる、いろいろな準備を効率的に行い、
その時にいる戦力で受けられる最大数を決めて、その目標に向かいます。
今年もその数が1000件でした。

そして数が増えてくると、
ついつい個数とか、件数に、フォーカスしてしまいがちです。
自戒も込めて
母の日はとくに
単位を『オカン』に設定しています。
1000オカン。
1000個のアレンジを売ろうぜ。ではなくて
1000人のお母さんを喜ばせようぜ。
という意味を込めての
1000とオカンなわけなのです。

なので理想的なのは、
アイロニーで母の日をという全てのお客様の分がちゃんと引き受けられて、
綺麗に売り切れた。
というのが理想的な母の日です。

早くに売り切れてお断りする人が多くても、あぁ力不足だったと思うし、
売れ残ってもロスが出てしまったなぁとなるわけです。
なので普段からアイロニーを見て下さっている方には、ちゃんと届くように
うるさくしつこくオカンオカンと何度も言いますが、
何卒よろしくお願いいたします。

今年も写真のような香りのバラを使い
低いタイプのバスケットをつかったナチュラルテイストなアレンジを
用意しています。
そして現在490オカンのご予約状況となっています。

279055203_4861045140615293_6680138850256527673_n.jpg

279079194_4861045143948626_4899682433226607186_n.jpg




谷口が担当するレッスン・イベントはこちら
→ 【日本】オンラインレッスン開講中です!



→ 【サロン入会受付中!世界中から参加できます】
花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。
公表していないアイロニーの仕事についてなど、
濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。




→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)


アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)




→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから
→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2022年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Monthly Archives

PAGE TOP