blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« [YouTube]ブーケを束ねてラッピングしてオカンに届けてみた | HOME | ながーーーーい商品名のあのブーケ、今月の抽選当選ブーケはこちら! »

2021年5月13日

全部公開 【サロンメンバーのための谷口日記vol.113】

5月13日
『結果』
今日は移動日、明日から久しぶりの青山店。
青山店のみんなも母の日を越えて、
また花屋としてキャリアを一つ重ねているので会うのが楽しみだ。

新幹線で移動中、このサロン日記を『結果』というテーマで書き始めていたのだけど、
途中でひとつLINEが入って、それへの対応策を考えていたら
全く別の前から気になっていたことの対応策が突然ひらめいて、
そっちを調べだして、行けそうな雰囲気がしてきたので、
詳しそうな人に意見を聞いてみたりしているうちに、もう品川についてしまって、
結局またこんな時間になってしまった。

それは、またうまくいきそうなら、
話を詰めてから社内にもリリースしたいなと思っているので、
サロンの皆さんからすると全然つまんない話かもしれないですが、また今度。

さて、途中まで来かけていた結果という話に戻します。
最近は、スタッフたちの育成において、
評価は過程よりも結果ですべきだと意識していて、
頑張っているの人たちも目に入ってくるので、
頑張りを評価したくなるのですが、やはり結果が大事なので、
そこは評価してはいけないと思っています。評価というのは給与です。
ただ、頑張っている人には、チャンスが回ってくるし、
任せたいと思わせるので、結果的には、結果がついてきて、評価されていきます。
そういう方針で育成をしているのですが、
こういうことは、全部自分にも当てはまると考えるべきで、
おれも結果しか評価されないとおもっておかなければならないので、
絶対に結果をださないといけない。
よくがんばったのにね。では意味がないのだ。

では、俺の結果ってなんだろう。
ゴールは、自分で設定していますが、
『世界一好きな花屋』をつくることです。
この基準がずっと曖昧なんだけど、
最近、わかりつつあります。

それは、
売上ではないです。
だから間違って今年から5年で達成すると掲げている売上10億というのがゴールではないです。
全然ないです。
目安の一つでしかないです。

では美しい花か? 
それも評価が曖昧になります。世界一好きな花屋と同じですね。

その答えは、スタッフです。
俺の結果はスタッフで見ることが出来ます。
ながーく、10年以上働いてくれているスタッフが何人増やせるか。
それが結果だと思っています。

なぜかというと、
10年働こうと思うと、もちろんいい環境じゃないと続けられない。
そして10年働いていい年になっているので、
それなりの給料も渡せる会社じゃないと続けてはくれない。
成長していけたりやりがいがあったり、充分な給料がもらえたり、
ずっといたいと思わせる店や会社であり続ける。
それができているということは、
スタッフにいい待遇で仕事してもらえているということなので、
しっかりと利益の出ている会社であるはずだし、
しっかりと利益がでているということは、
花やサービスが、いいので、多くの人に価値を感じてもらえて、
その代償をたくさんいただけているということ。

なので、利益を出す。も、いい花を作る。も
出来ている目安は、簡単です。
『スタッフたちが幸せに長く働けているか』です。
それができてるということは、お客さんにも満足してもらえるということです。

世界一好きな花屋にできたかどうかの結果は
スタッフをみれば判断できる。ということなのです。
ということに今頃気づきました。。

今アイロニーはスタッフ17人と過去最大ですが、
ほとんど一年目2年目のスタッフばかり。
今まで、全然世界一好きな花屋にできていなかった結果です。ちーん。
ここから経営者1年目のつもりでがんばります。
こんな日記を毎日書いています。
アイロニサロンに参加希望の方は、
https://www.illonyshop.com/product/1026
こちらから!
safe_image.jpg




谷口が担当するレッスン・イベントはこちら
→ 【日本】オンラインレッスン開講中です!



→ 【2021年サロン入会受付中!世界中から参加できます】
花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。
公表していないアイロニーの仕事についてなど、
濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。




→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)


アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)




→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから
→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2021年5月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Monthly Archives

PAGE TOP