blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« 一部公開 【サロンメンバーのための谷口日記 vol.36】 | HOME | スタッフ募集の枠を広げています。 »

2021年2月22日

全文公開【サロンメンバーのための谷口日記 vol.36】


スタッフ募集にもつなげたいので今日も全部公開します。
【サロンメンバーのための谷口日記 vol.36】

2月22日
『徐々に見えてきました』

今年はじめにアイロニーを世界一好きな花屋するための
具体的な数字を含んだ目標を設定するために
今期の売上2億円を→5年後10億にする。
という目標を宣言しました。

そのときはまったくどうやったら出来るのか、
適当に無理そうな数字を設定して
まったくのノープランだったのですが
2ヶ月近くいろいろなことを試しながらずーっと考え続けていて、
ようやく方向性は見えてきました。

店をこれ以上増やして薄めていきたいくないので
販売チャネルはいままで通りECを中心にするしかない。
色々と調べまくってみると、
まだまだまだまだアイロニーのECは
自作の学級新聞みたいな感じなので伸びしろしかない。
むしろよくこの仕組で1億売れてるなという感じです。
そしてそれを運営する組織のイメージもなんとなく出来てきました。

今年から、役職というかポジションというか
アーティスト、マネージャー、デザイナー、フローリスト、アシスタント
というわかりやすい呼び名に変えました。

そしてざっくりとしたイメージですが
5年後10億の頃にはスタッフは
50人ほどになっていないといけません。
(もちろんそうなると広いアトリエのことも考えねばいけません。)

その中で幹部である
マネージャーは3人。年収で600万くらい考えています。
デザイナーは5名で480万(必ずフルタイム)
フローリストが20枚でフルタイムの場合360万から400万(パートタイムもOK)
アシスタントが25名で250万から300万(パートタイムもOK)
というようなイメージです。

マネージャーにならないデザイナーが
社内で別ブランドを立ち上げて店舗展開して
ステップアップしていくこともあるかもしれません。

このくらいの規模になると、
自社でデザインしたフラワーベースを展開したり、
その他にもテーブルウェアや、
花写真をつかったインテリア事業も
海外でのウェディングやイベントの仕事などにも今よりももっと
余裕をもって出来ることが増えるし、
フローリストにはみんなパリ店でも仕事をさせたい。

マネージャーの年収が600万円になれば、
がっつりアイロニーで頑張りたいという人たちも
ずっとアイロニーにいられるのではないかと思います。

そして、その土台を作るために、
今年必ずやるべきことは
今のECのシステムを極力自動化していくことです。
スタッフたちが花以外のことに力を使う時間を極力減らしていくことです。
もともとアイロニーは谷口が器用貧乏でいろんなことを
自分でやってしまってきたので
それをスタッフにも全部やってもらっているのですが、
人それぞれ向き不向きもありますから、
フローリストの資質以外にもいろいろ持っていないといけない
アイロニーはハードル高いんです。

なのでここにまた数百万円を投資しようと思っているのですが、
15年くらい昔にi-modeの頃のシステム投資で300万ほど失敗した
のとは違う勝算も見えています。
また臨時のアルバイトスタッフも積極的にスポットで来てもらいます。

これらによって繁忙期にも、
フローリストを希望するアシスタントや、
デザイナーにステップアップしたいフローリストの
トレーニングの勉強の時間をしっかり生み出すことをしていきます。
変化には痛みが伴います。
いままでやってきたなれたやり方に安住したい気持ちが出てきます。

今アイロニーはキャリアの短いスタッフが多いです。
これは弱さでもあるのですが、
ピンチャン理論(ピンチはチャンスね)で
考えてみると、
大きな改革をしていくにはめちゃめちゃチャンスの時期なのです。
そんな甘くない。そんな上手くいくはずがない。
と思う人も多いでしょう。
ぜひ鼻で笑っていただけると、それこそが原動力になりますのでよろしくお願いします。

153037581_3569237003129453_8293641871897594105_o.jpg

152810613_3569237073129446_6264022343307720845_o.jpg




谷口が担当するレッスン・イベントはこちら
→ 【日本】オンラインレッスン開講中です!



→ 【2021年サロン入会受付中!世界中から参加できます】
花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。
公表していないアイロニーの仕事についてなど、
濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。




→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)


アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)




→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから
→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2021年3月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Monthly Archives

PAGE TOP