blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« サロンメンバーのためのウェディング装花研修生先行募集。 | HOME | ジャパンツアー2021について »

2020年11月 3日

習慣を準備


来年のジャパンツアーや、2月からスタートとなる認定校講師養成オンライン6ヶ月コースの日程を決めるために、来年のざっくりした計画を立てるのにカレンダーをずっと見ている。

来年2月から月に10日ずつはパリに戻る。
5年間パリ20日/日本10日の割合にしていたのを
日本20日/パリ10日の割合にするのは、コロナの影響ではなくて
5年パリで仕事してみて、ニューヨークやオランダに仕事で呼ばれていってみて、アイロニーの花は、やはり日本の特色を持っているということ。日本の花で作り上げていくものだと感じたこと。
それをパリの店からもしっかり世界に発信していけるように、2021年はより日本での仕事をがんばっていかねば。

さて、コロナ渦で感じたことといえば、習慣の重要性。
基本的に、ずーっと毎日同じ生活を続けていたい方なのですが、
花屋を始めたら、仕入れのある曜日とない曜日があった。
青山に店を出したら、仕入れの時間帯も微妙に違う。
パリに店を出したら、時差もあって、仕入れの曜日も違うし、
なにもかも違う。

精神的な部分は、同じ服を着たり同じ音楽をずっと聞いたりして保てていたんだけど、食生活とか勉強や生産性とかは
随分リズムを乱してきたなぁと、東京をベースに生活をしていて感じました。13キロ痩せて筋トレや読書もルーチンが整ってきた。

コツコツと積み上げていくことは強い。
ジャパンツアー中やパリとの行き来に対応できるルーチンを考えていかねば。

123766042_3277578058962017_802468082844918338_o.jpg


123245878_3277578155628674_5283593010088838483_o.jpg



谷口が担当するレッスン・イベントはこちら
→ 【日本】2020年4月からオンラインレッスン開講中です!



→ 【2020年サロン入会受付中!世界中から参加できます】
花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。
公表していないアイロニーの仕事についてなど、
濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。




→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)


アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)




→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから
→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2020年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Monthly Archives

PAGE TOP