blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

« 1day ウェディングコースレッスン!! | HOME | 【束ね語り】男の花贈り講座!!いったい幾らの花束を頼めばいいの? »

2020年3月 8日

毎年恒例のマダムミモザの話。

3月8日。今日はミモザの日。
毎年恒例のマダムミモザの話。

3月8日。今日はミモザの日。
毎年恒例のマダムミモザの話。

My favorite smile and story about Mme mimosa.

「マダムミモザ」

昨日このマダムにあげたいからと別の女性がブーケを買ってくれた。束ねてラッピングをしている間に、ミモザもあげたくなったと言って、ミモザもひと束買ってくれた。
そしたら今日マダムがやってきて
昨日あなたのところブーケをもらったの!とニコニコ嬉しそうに店に入ってきた。
そしてミモザが欲しいという。
あー、ミモザ気に入ったんだね。と思って器から出そうとして話を聞いていると、
今朝ダメになってたからまた欲しくなったのという。
店にある元気なミモザと同じ仕入れの分なのでそんなはずないんだけど、暖房ガンガンだったのかなぁ。活けた時に水にとどいてなかったのかなぁ。
まぁでも、とにかくもらって1日でダメになるなんて
クレームものだ。
クレームものなので、ミモザの代金は頂かずに持って帰ってくださいという流れになるんだけど、
その間もずっと、いい香りだったわぁとか、
なぜか終始ご機嫌なのである。
お代金をいただかないことを告げて、ごめんね。と伝えると
まったく本当に本気の様子で、こっちが問題視していることがなんなのかすらわかっていない様子で、
なぜあやまるの?生きてる花だからダメになるでしょ?
と言った。
彼女の感覚では、いい香りのミモザをもらった。嬉しい。
でも翌朝しおれていた。じゃぁまた買いに行こうかな。
とただそれだけのようだった。
ミモザをもらえることを喜んでくれて包まなくていいわ、私の腕の中に抱いて帰るのと言って、腕を広げた彼女にミモザを手渡すと、着ていた服と彼女の髪ととても似合っていたので
ちょっと待って写真を撮らせてと頼むと
こんな笑顔をくれた。
そして、見た感じより10歳くらい上の実年齢を言って
若いでしょ?いっつも笑ってるからかしらね。みたいなことを
言って鼻歌まじりに帰っていった。

高校生くらいのときに、"幸せ"というのは"技術"だ。という言葉を読んで、それからずっと心に残っているのだけど、
このマダムは達人というより
天才の域だなぁと後ろ姿を見送った。

#mimosa

84047074_2645909675462195_9112397357600735232_n.jpg




谷口が担当するレッスン・イベントはこちら
→ 【日本】「谷口が講師のレッスンスケジュールまとめ」
→ 【日本】「ラ・セゾン」
→ 【日本】「ラフィリエ」
→ 【日本】「スペシャリテ」(特別なレッスンやイベント)
→ 【パリ】「プルミエクラス(入門・単発)」
→ 【パリ】「Paris Lesson week - 5 days ディプロマコース」
→ 【パリ】「Paris レッスン単発受講」
→ 【パリ】「スペシャリテ」(特別なレッスンやイベント)
→ 【パリ】パリやパリ郊外のガイドツアーはこちら
→ 【パリ】谷口のパリ滞在日程はこちらでご確認ください


→ 【2020年サロン入会受付中!世界中から参加できます】
花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。
公表していないアイロニーの仕事についてなど、
濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。




→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)


アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)




→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから
→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Monthly Archives

PAGE TOP