blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

2022年9月20日

青山店のスタッフ葉月ちゃんのウェディング@新潟

青山店のスタッフ葉月ちゃんのウェディング。

花屋のスタッフでもあっても日本のウェディングのシーンでは、
自分が働いている花屋が装花を担当できることは少ない。
基本的には式場と契約している花屋以外の持ち込みを認めているところが少ないからです。

新潟のワイナリーで家族だけで結婚式をすることになりましたと知らせてくれたのを聞いて、
アイロニーで花を飾っていい式場なら新潟まで研修チームを募って飾りに行くよと伝えました。
嬉しいことに沢山の花仲間が参加をしてくれて15人の研修枠は一瞬で埋まってしまいました。
研修費は装花費用となるので、豪華な装花がしてあげられると胸が踊りました。

8月に新潟に下見に行ったら、レストランの真ん中に大きな柱が2本立っていて、
予定されていたディナーのテーブルセッティングは柱を避けて窓側に流し
テーブルが配置されるようで、なんかしっくりいかない感じでした。

客として予約してランチをとりながらその柱をずっと見ていて、
この柱を活かせたらいい雰囲気になるだろうなぁと思い、
そうするともっと大掛かりになるので、費用が足りないから、
研修生枠をもっと増やすようにすぐに連絡しました。
結果的に22人の研修参加者が集まってくれました。

研修参加者が増えると、いろいろなマネジメント業務も増えて、
大変な部分もあるのですが、そんなことよりはるかにメリットの方が多く、
何よりこうやって何度も難しい仕事に参加していろいろな面で協力してくれた
花仲間がアイロニーのコミュニティをつくってくれていて、
それが世界一好きな花屋に近づいているかという最終目標のための指標になっています。

7月のフランスのクーランス城のファミリーのウェディングや、
9月のノルマンディのお屋敷でのウェディングにも研修参加者が集まってくれて、
予算以上の装花をすることが出来ました。

その時からずっと思っていたのですが、こういう研修って旅の要素が多くあって、
大事な経験になり新しい友達ができたり、大切な思い出になります。
結婚式を挙げる二人や親族にとってだけでなく、
花を飾る裏方の我々にとっても、大事な人生のひとコマなのです。

研修費によるメリットはクライアントにもありますので、
その代わりに我々も仕事を思いっきり楽しませてもらう。
そう思うと我々も、ムービーを残していきたいなとずっと思っていました。

それを実行しようと、いろいろ考えた結果。まずは自分でやってみることに。
動画用にレンズとジンバルなどの道具を買い足して、少しずつ練習して、準備していました。

当日は、装花監督であり、
動画カメラマンでもあります。

と思っていたら、前日にウェディングカメラマンは雇っていないという話を葉月ちゃんから聞いて、
え?そんなのダメだよせっかくなのに写真は沢山残した方がいいよ。
ということで、俺がそれもやるから。と勝手に名乗り出て、
急遽、新潟の通りかかったGUで安いスーツをら買いました。

当日は片手にジンバル片手に一眼レフの二台持ちで、
花のことをあれこれ口を出すという大道芸人のようなスタイルでした。

が、なんとかなるもので、花はもちろん、写真も、動画も、
なんとかお祝いの気持ちを表せるようなものが出来たと思います。

全ての仕事が終わっての打ち上げで、何度か泣きそうになったのですが、
今回のこの仕事にはいろんな思いがあったんです。

もちろん葉月ちゃんのウェディングへのお祝いの気持ちが一番ですが、
東京にも店を増やしてから、そして特にパリに出店してから、
スタッフたちとは昔芦屋店で横山と片岡とやってたころの友達みたいな感じでは無くなって、
年々、世代や仕事についてや、店についての考え方や、
立ち位置の距離も感じるようになっているなかで、
社員の大事なイベントに深く関われるということは、とても嬉しいことでした。

カメラマンとしてセレモニーやディナーの周りで撮影している時に、
葉月ちゃんのお父さんが話しかけてくれたのが印象に残っています。
男前で無骨な感じのお父さんだったのですが、なんか思ってたのと印象が違うな。
と声をかけてくれました。

その言葉を聞いて、あ、葉月ちゃんのお父さんは俺に対して
なにかしらの印象を持ってくれていたんだな、
そりゃあそうか大事な娘の仕事先の社長だもんな、
あぁ俺はどれだけ社員の家族のことを知っているのかなぁと思いました。。

いまは面接なんかでも聞いちゃいけないことみたいなのがあったり、
もし聞かれたくないこととかあったら聞かないようにしないとなと思ったりで、
パーソナルな部分を普段からも聞いたりすることも少なくなっていました。

感じていた距離というのは、俺が作り出しているものなんだろうなぁと思いました。
もともと仕事のことばかり考えてしまって、内に内に興味が向かうたちなので、
周りの人にあまり興味を持てない方なのですが、
今回は葉月ちゃんの家族の幸せそうな集まりをしっかりと近くで見ることができて、
とても大きな経験ができたと思っています。

俺に花を頼んでくれた葉月ちゃん、
それを実現させてくれた研修参加の花仲間の皆様、エグチン、さきちゃん、
留守を守ってくれたスタッフたち。そしていつも応援してくれる皆様に感謝です。
ありがとうございます。
そして葉月ちゃん、末永くお幸せにね!

306631706_5271597679560035_635428939559639740_n.jpg

306729944_5271597689560034_3203627561041213223_n.jpg

306950295_5271597662893370_4316506315376755027_n.jpg

305935426_5271597669560036_3107135416415044277_n.jpg

306271538_5271597672893369_1650560591514546331_n.jpg

306672407_5271597659560037_2944373077237452119_n.jpg

307574865_5271597666226703_690555920687703440_n.jpg

307536316_5271597686226701_5155498476205442936_n.jpg

305961468_5271597676226702_9035353540796059522_n.jpg

307463068_5271597682893368_95192340936511478_n.jpg





谷口が担当するレッスン・イベントはこちら
→ 【日本】オンラインレッスン開講中です!



→ 【サロン入会受付中!世界中から参加できます】
花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。
公表していないアイロニーの仕事についてなど、
濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。




→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)


アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)




→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから
→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年9月12日

心が楽しいと思えることは動きが止まらない

今週は新潟でのウェディング装花、
帰ってきたらすぐにサロンメンバーのためのオンラインデモンストレーションSAPがあって、
日曜月曜でディプロマコースレッスン。そして来週は韓国のフローリストたちを招いてのツアーレッスン。
それが終われば翌日にはパリに戻るというスケジュール。

並行して、その間にパリ店ではパレロワイヤルでのシャンティイ城のためのイベント装花と、
ウェディング装花をサチエンヌとエステルと遠隔で調整しながら行うという9月になっている。

そんななか先日から動画熱にうなされていて、写真を花屋が自分で撮るということをはじめた20年前のように、
動画表現に花屋のさらなる可能性があるのではないかと、時差ボケで眠れないのか、
いろいろ調べ物をしたり、撮ったり切ったり貼ったりを繰り返している。

ただ数年前から何度もやろうとしてはうまくいかずに熱が冷めていくということを繰り返しているのだけど、
今回もいろいろと調べていて、映画に対しての憧れがずっとあるのだなぁと思っている。

田舎の山の中で育って自然が身近にあったことは、今の仕事にとても役にたっていると感じることが多くあるのだが、
唯一の娯楽だったレンタルビデオの中でたくさん擦り切れるほどみていた映画のなかの世界にも
ずっと憧れがれとして心にあるのだなぁと思っております。

これをするとビジネスがうまくいくとかではなくて、心が楽しいとても思えることは、
寝なくてもやれるものだなぁと思いながら撮ったり切ったり貼ったりまた調べたりを繰り返していこうと思います。

さて、9月はパツパツのスケジュールですが、10月のパリでのスケジュールはそんなに予定もない感じです。
企画『パリであなたの花束を』の撮影をすすめていきたいと思いますので、
ぜひぜひご希望の方は谷口までDMいただければ幸いです。
パリ店はアパート付き短期研修生も募集を再開しています!

304813014_5249629278423542_6712213447659910724_n.jpg




谷口が担当するレッスン・イベントはこちら
→ 【日本】オンラインレッスン開講中です!



→ 【サロン入会受付中!世界中から参加できます】
花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。
公表していないアイロニーの仕事についてなど、
濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。




→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)


アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)




→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから
→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年9月 7日

パリで日本でイベント続きの日々


Good morning! today's free share flower photo! Have a beautiful day!

二つのイベントのため、イレギュラーに決まった短いパリ店勤務を終えて日本に戻ります。
もう次のイベントの依頼がありました。パレロワイヤルでシャンティイ城のためのイベントと、
結婚式がまたあります。しかし日本でのイベントとスケジュールが被っています。
装花は有能なチームがしっかりしてくれるのですが、どちらの現場にもいたい。身体が一つでは足りない。
まだまだ他にもやりたいこと、やるべきことががたくさんあるのに。

少しずつ移動ができるようになって、人が集まれるようになってきて、
その場にいる。ということの価値がどんどん上がってきました。
焦らず一つ一つの仕事と人との出会を大事に、細部までこだわった花を活けて、
アイロニーを少しでも前に進めていきたいと思います。

9月も日本で沢山の人に会えますように!
そして来年1月のジャパンツアーのご予約たくさんいただいております!
楽しみにしています!


305266410_5236299389756531_4261075369262216380_n.jpg



谷口が担当するレッスン・イベントはこちら
→ 【日本】オンラインレッスン開講中です!



→ 【サロン入会受付中!世界中から参加できます】
花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。
公表していないアイロニーの仕事についてなど、
濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。




→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)


アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)




→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから
→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年9月 4日

ノルマンディでのウェディング装花を終えました。

for wedding decoration in a wonderful mansion and church in Normandy.

ノルマンディの素晴らしい邸宅と教会でのウェディング装花を終えました。
2年前のロワールでのウェディング装花をみて、
2ヶ月前のクーランス城ウェディングの準備をしている時に店に来てくれて決まった装花でした。

急な話しで、いつもより日本からの研修参加者は少なめでしたが、
みなさんと大きな家を借りての合宿装花で、濃ゆい濃ゆい時間が過ごせました。
日本から応援してくれる皆様にも感謝です。

304986072_5228078560578614_7591062034451285670_n.jpg

305014527_5228078563911947_2634278762700709508_n.jpg

305197988_5228078580578612_3473999625077489161_n.jpg

304851168_5228078570578613_3002235895307489634_n.jpg

304629694_5228078550578615_4487470964556224298_n.jpg

305262321_5228078557245281_9097966263661327386_n.jpg

304873429_5228078577245279_1547458503936121554_n.jpg

305201996_5228078573911946_2062177788254691180_n.jpg

304867742_5228078553911948_4261492968985874710_n.jpg



谷口が担当するレッスン・イベントはこちら
→ 【日本】オンラインレッスン開講中です!



→ 【サロン入会受付中!世界中から参加できます】
花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。
公表していないアイロニーの仕事についてなど、
濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。




→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)


アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)




→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから
→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年8月27日

継続

サチエンヌ店長がパリに戻ってパリ店の仕事も
夏のバカンスを終えて再開し始めました。

いまヨーロッパは、これまでできていなかった
イベントやウェディングがたくさん行われていて、
アイロニーパリも、9月の頭に大きなウェディングを
依頼していたところに、某ブランドからのイベントデコの依頼も重なり、
スケジューリングに頭を悩ませるという嬉しい状況になってきました。

手も足も出ない状況の2年を乗り越えて、
また少しずつ根を張っていければと思います。

パリ店も思えばもう7年半になります。
ビジネスとしては誰も選ばない馬鹿な選択かもしれませんが、
それを正しい選択にするのは、自分次第です。
挑戦を続けていくことの価値をチームにも示したいと思います。

さて、来週から1週間ほどパリに戻りますが、
今回は二つのイベント仕事とビザの更新のみ。

またすぐ日本に戻ってきて、
じっくりパリ店勤務するのは、9月末かは10月末まで。
また『パリであなたの花束を』のご依頼も
受け付けていきますのでぜひぜひよろしくお願いします。

さて、ここで問題です。今日の10枚の写真の共通点はなんでしょう?
いつもコメントやいいね。ありがとうございます。もうすぐ10万人にフォローしてもらえそうです。
アイロニーが世界一好きな花屋だと思ってくれる人に、1人でも多く届きますように。

301783627_5205681316151672_7740980316347941272_n.jpg

300969802_5205681309485006_2996341831118256436_n.jpg

300426005_5205681329485004_7301703162828145507_n.jpg

301197306_5205681299485007_2576115084611708944_n.jpg

299977700_5205681322818338_8308207586875544698_n.jpg

301639765_5205681312818339_3713675789283558650_n.jpg

301498363_5205681326151671_7142521681404935937_n.jpg

301221749_5205681302818340_1910243328325932475_n.jpg

300220448_5205681319485005_8581590907526827790_n.jpg

301361600_5205681306151673_6423881462531259050_n.jpg




谷口が担当するレッスン・イベントはこちら
→ 【日本】オンラインレッスン開講中です!



→ 【サロン入会受付中!世界中から参加できます】
花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。
公表していないアイロニーの仕事についてなど、
濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。




→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)


アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)




→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから
→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年8月24日

提案

パリと日本の花屋仕事の違いで大きく感じることの一つとして、提案がある。
日本からの社員の経験のために、パリ店に2ヶ月出張に行ってもらっていた頃に、
店頭で接客してもらうと、それなりにキャリアのある人でも、
いかがなさいますか?
というスタンスでお伺いをたてる人が多い。

それに対して、フランス人やイタリア人スタッフは、
まだ花の仕事を始めたばかりの人でも、
今日はこれがいいわよ。と自分の好きな花を真っ先に薦める。
そして、お客さんの方も、
どうなさいますか?というスタッフに、
私が選ぶのならあなたから買う意味がないわ。提案しなさいよ。と言うことがあった。

花を沢山並べて自分で選べるマルシェもあるので、
アイロニーを選んでくれている人は、少し高くても
アイロニーの提案に価値を感じて来てくれている。

これは、我々のすべての仕事に当てはまることで、
言われたことだけをするのは、作業で、その価値は低くなる。
より良いものを提案できるから職人としての仕事の価値を高めていくことができる。

よく花屋業界は薄給だと言われる。
それは文化や社会や会社だけの問題
ではないし、
例えそうであっても、
それを変えていけるのは
自分の行動以外は何もない。

アイロニーは花屋として、
社会のニーズやお客さんの要望に応えられているだろうか?
そして、自分達の仕事の価値を高めるために、社会のニーズが気づいていないことを

提案
できているだろうか?
なんてことを思いながらおはようございます。
本日も花と共に皆様の一日が穏やかで美しくありますように。

300214032_5197315456988258_1992683320145447292_n.jpg

300754993_5197315483654922_1313092014703101562_n.jpg

300767605_5197315470321590_2054618136686662140_n.jpg



谷口が担当するレッスン・イベントはこちら
→ 【日本】オンラインレッスン開講中です!



→ 【サロン入会受付中!世界中から参加できます】
花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。
公表していないアイロニーの仕事についてなど、
濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。




→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)


アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)




→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから
→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年8月22日

SAP

昨夜は青山店にて、スナックあつしプレミアム通称SAPの日でした。

アイロニサロンのメンバーが見られるアカウント
@illony_salon でのオンラインデモンストレーションイベントのことです。

贅沢に、まったく好きなように、タニグチがブーケを7つ束ねて、
それを抽選でプレゼントしていくというイベントです。

沢山の花を贅沢に束ねさせてもらえるだけでもかなり楽しいのですが、
インスタライブで見てくれているメンバーとのコメントの掛け合いで
さらに楽しさが増します。

前回から一眼レフ複数台を設置してスイッチングしながらの配信をしています。
映像作るのも楽しくて、どのアングルで撮ると背景との関係が美しくて、
花が綺麗に見えるか、ブーケを束ねるという行為が魅力的で、
エンターテイメントとして楽しんでもらえるか。
そういうことを考えながら試行錯誤しているのが楽しくて仕方ありません。

少しずつオフラインで実際にサロンメンバーに会えるイベントにしていきたいなと思い、
オフライン席を作っての開催をし始めていたのですが、
元々対話をしながらブーケを束ねていくというエンタメだったので、
会場に来てくれる方と、
オンラインで見てくれている方と、
両方の皆さんに楽しんでもらおうとすると中途半端になってしまうことがわかったので、
今後はSAPはオンラインに集中しようと決定したのですが。

その決定前に決まっていた、最後のオンオフ両方の
デモンストレーションイベントが昨夜でした。
前回より取り入れた複数の一眼レフ配信に加えて、
流しテーブルでゲストに向かい合わせに座ってもらっていたのを、
この字型の配置にして、デモテーブルを囲んで座ってもらい、
炉端焼きあつしにしてみました。

全てのゲストと向かい合って、
全てのゲスト同士も顔が見える
配置で皆さんとの飲みながらの対話を
オンラインの人にも楽しんでもらえたのではないかと思いましたが、
一つ失敗したなぁと思ったのは、
ゲスト席を映すカメラも、もう一台設置しておくべきだったと、激しく後悔しました。

360℃カメラとかもいいんじゃないかと調べてみましたが、
インスタライブで、4カメ配信の一つを360℃カメラには出来なさそう。
一眼レフ4カメでゲスト席も映す配信と、
360℃カメラだけでYouTube配信か、
どちらも試してみたくなっています。

花屋という仕事は、
飲食店ほど
頻繁に使われるものではないからこそ、
知られていないことも多く、
普段からの接点をどれだけ多く作ることが、
花屋という商いをお客様に理解してもらうことにつながり、
いろいろな種類の花屋があるということを知ってもらうことで、
使い分けができるようになり、

その先に、アイロニーが理念として目指している
世界一好きな花屋のある人生を提供することで、
花を飾る、花を贈る、をもっと幸せに。
をすることができる花屋に近づくのだと思っています。

301006650_5191503014236169_9135943790624550465_n.jpg

300587404_5191503020902835_8708605606350103512_n.jpg

300577945_5191503027569501_1141509147856118547_n.jpg

300650647_5191503034236167_523539531941127776_n.jpg

300443021_5191503017569502_5017596865654571057_n.jpg

300455624_5191503010902836_2521118659594471016_n.jpg

300761525_5191503030902834_6332313411061609177_n.jpg

300440569_5191503004236170_6011897513706018692_n.jpg

300623543_5191503007569503_480958262196142075_n.jpg



谷口が担当するレッスン・イベントはこちら
→ 【日本】オンラインレッスン開講中です!



→ 【サロン入会受付中!世界中から参加できます】
花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。
公表していないアイロニーの仕事についてなど、
濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。




→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)


アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)




→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから
→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年8月17日

アイロニーディプロマ

今日はもう10年以上取り組んでいる、
プロのフローリストや花を仕事にしたい人に向けての
ディプロマコースレッスンについて。

幸いなことに、アイロニーは店をスタートして2年目から
カルティエなどのブランドメゾンの装花を任せてもらえることになり、
定期装花やイベント装花、顧客へのバースデーフラワーなど
多くの仕事を任せてもらい、たくさん失敗もして、
試行錯誤を繰り返しながら、多くの経験を積ませてもらってきました。

先輩フローリストたちからフラワーデザインとは
なんなのかを学ばせてもらったり、
パリでは伝説的なアーティストとの交流の中で
さらに多くのことを学ばせてもらう一方で、
開業当初からECには力を入れて、
スモールビジネスで出来ることを最大限に考え、
自分たちの花にこだわり発信を続けてきました。

ただ花の仕事で食べていくということではなく、
自分が本当に綺麗と思うものを
作り続けて、お客さんも自分の心も喜ばせて
花屋の仕事を続けていくということに、ずっと取り組んできたと思います。

アイロニーのスタッフたちには、
そういう仕事ができる、そういうフローリストとして
生きられる店を一緒に作って行ってもらっていますが、
沢山の同業者が抱えている悩みなどを聞いてきて、
同じように、それぞれの花で
仕事に取り組み、
幸せに花屋として生きていける
花仲間を増やして、
フローリストという仕事が
いかに素敵な仕事であるかを
伝えていければと思います。

アイロニーのディプロマコースは、
花屋という仕事をする上で、
大切だなと思う、花のスキルと
仕事のノウハウだけでなく、
そういう考え方も伝えています。
いまは6日間にわけている
24カリキュラム。
随時見直しをして、アップデートを重ねています。

アイロニー認定校やアドバイザリースクールを始めて、
このディプロマコースを必要資格としてから、
なんだか、本来の意味がちゃんと伝わっていないような気がしたので、
今日は久しぶりにディプロマコースについて長々と書いてみました。
今月は21日と22日に開催です!
詳細知りたい方はメッセージください!

299912685_5177753508944453_3114181786759911667_n.jpg

299540559_5177753502277787_8555134127807151601_n.jpg

299589472_5177753488944455_8047619622596377325_n.jpg

299788497_5177753492277788_7068086046928153667_n.jpg




谷口が担当するレッスン・イベントはこちら
→ 【日本】オンラインレッスン開講中です!



→ 【サロン入会受付中!世界中から参加できます】
花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。
公表していないアイロニーの仕事についてなど、
濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。




→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)


アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)




→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから
→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年8月13日

Atsushi Taniguchi アドバイザリースクール契約校募集のお知らせ

みなさまこんにちは。アイロニーの谷口です。
はやいもので一人でアイロニーを立ち上げて
フリーランス時代も含めると花仕事を始めて23年目となりました。

現在の芦屋本店の場所で20年前に店をオープンしてからは、
たくさんのお客様にお仕事をいただいて
良い経験を積ませていただき、時には叱っていただいて、育てていただきました。
東京、パリと店を増やして、おなじようにお仕事をいただき成長させていただく中で、
仕事こそが、本当の意味で花屋を育ててくれるのだと痛感しております。

そしてさらに自分達の花仕事を磨いていくために、
プロフェッショナルに向けて花仕事を伝えるスクール事業も続けてきました。
その集大成としてアイロニーの花を全国各地でさらにシェアしていただく
アイロニーフラワースクール認定校は、
現在70校となりました。

そして今、もう一つのサポートの形として
アイロニー認定校としてではなく、
ご自身のブランドのデザイン面とビジネス面の
コンサルティングのようなサポートをして
独立開業やビジネスを拡大していくフローリストのサポートを
していきたいと考えています。

こちらはいわゆる個人契約のコンサルティングではなく、
個々のコンサルティング料を抑えるために
Atsushi Taniguchiアドバイザリースクールという枠組みの中で
グループでの情報共有や、個々の質問にお答えしたり、一緒に考えていくセッション、
またアドバイザリースクールのPRを目的とした特別なイベントなどを
開催することによって花仲間をサポートしていきたいと考えています。

契約条件として
アイロニーディプロマの取得と認定校講師養成短縮コース両方の取得
もしくは
認定校講師養成コースの取得
を必要とし、
年間契約で月額1万円とさせていただきます。

この件につきまして、
随時質問は受け付けておりますので
adv●illony.com (●を@に)へメールでご連絡ください!

298378567_5168303433222794_1014533980123031955_n.jpg




谷口が担当するレッスン・イベントはこちら
→ 【日本】オンラインレッスン開講中です!



→ 【サロン入会受付中!世界中から参加できます】
花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。
公表していないアイロニーの仕事についてなど、
濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。




→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)


アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)




→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから
→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年7月30日

Dear florists in Korea

Dear florists in Korea,

Thank you always for enjoying my flowers.
We have not been able to see you all in person for so long.
How have you been?

Since I opened my store in Japan and France, I have a new dream.
I would like to welcome florists from abroad to my store in Japan and to share the beauty of Japanese flowers with them.
The beauty of Japanese florists lies in the excellence of their materials.

I would like to convey my style and ideas, as well as the excellence of Japanese flowers and the flower farmers.
As the first step, I would like to hold a workshop in Japan only for Korean florists this time.
In this workshop, I will guide you through the Ota flower Market and explain the beauty and quality of Japanese materials from my point of view.
In the one day lesson, we will learn the distinctive floral style of I'llony in 3 different curriculums.
Then you can join me on a small trip away from Tokyo and we will visit one of my favorite flower farm.
There, you can feel the beauty and power of the flowers in the field. We will have time to play with them with freshly picked flowers.

I am sure it will be a great experience.
I look forward to sharing the joy of flowers in the workshop.
For more information, please contact to paris●illony.com (●→@)

Atsushi Taniguchi

296180708_5129349137118224_6787208093284589213_n.jpg

295861390_5129349133784891_2284004282279892490_n.jpg

296447477_5129349150451556_6837685897866994913_n.jpg

296110702_5129349140451557_3624329330084442070_n.jpg

296313715_5129349147118223_3671994459004948015_n.jpg



谷口が担当するレッスン・イベントはこちら
→ 【日本】オンラインレッスン開講中です!



→ 【サロン入会受付中!世界中から参加できます】
花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。
公表していないアイロニーの仕事についてなど、
濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。




→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)


アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)




→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから
→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2022年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Monthly Archives

PAGE TOP