blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

2019年4月19日

偉大なる天才への質問

さてようやく今日の仕事がひと段落したので、昨夜のことを書こうかと思う。
昨日おれが浮かれた顔の写真をアップしていた、クリスチャン・トルチュとの夕食でのことだ。
或る日突然パリ店に来てくれていろいろ話をしてから、今度はゆっくり食事にでも行こうと言ってくれてから、ときどきメッセージのやり取りはするものの、彼はニューヨークやミラノなどでよく仕事をしていて、なかなかそのタイミングは来なかったんだけど、それはふと訪れた。
「アツチ(アツシと呼ぶがメールではアツチとかいてある)もうすぐニューヨークちゃうん?頑張ってこいよ。お前絶対ウケるわー。俺15日までミラノやねん。お前いつからNY?」
「あっ、兄さんおはようございます。僕22日からです。よかったら寿司でもいきませんか?」
「おー、いいやん16日は?」
「まじっすか?すぐ予約しますんで!
奥田の懐石のほう取れました!20時に!」
「おー、めっちゃ完璧やん、ほな20時にそこでー。」

というやり取りがあったのが日曜日。
その日から、メモに聞きたいことを箇条書きに書き溜めた。

いろいろ考えて、ちょっとミーハーなことも交えつつ、こんな質問リストをつくった。

*あなたの店は歴史上唯一、花屋としてインターナショナルなブランドと呼べるにふさわしい地位を確立できた花屋だと思っています。
あなたは自分の店を始めた時にすでに特別な存在でしたか?

*あなたの店で働いていた人たちが世界中でたくさん活躍をしています。私は彼らの花の中にあなたのスタイルの影響をみつけてそれを学んできました。私がもっとも素晴らしいと思うのはこの点です。彼らがあなたの店で働いていたとき、あなたはどうやって、彼らにあなたのスタイルを伝えましたか?
そして、どの程度彼ら自身の創作を認めていたのでしょうか?
彼の作り出す花が、自分のスタイルではないと感じることがありましたか?その時にはどうしましたか?

*あなたは初め一人で店をはじめたのですか?それともアニーのような店長のようなひとがいたのですか?

*私の店はオープンして2年後に日本のカルティエから仕事をもらって、私自身も成長し、店としても規模を大きくすることができました。
あなたにとってきっかけになった仕事はありましたか?

*あなたが一番印象に残っている仕事はなんですか?

*一番大きなプロジェクトはなんでしたか?

*あなたは世界中でさまざまな仕事をしていますが、しらない国で仕事をする時に、素材をどのように選びますか?

*あなたの元スタッフのなかで誰が一番あなたのスタイルに近いですか?

*私はあなたに影響を受けているように、あなたが影響を受けたフローリストはいますか?

*あなたがいま注目している若いフローリストはいますか?

*あなたは今後どのような仕事をしていきたいですか?

とこんなことを聞きました。

そして、クリスチャンはその全てにしっかりと答えてくれて、おれへの逆質問も挟みながら実に3時間。ほんとにたくさんの話をしてもらいました。

さて、この質問への回答は、例によってオンラインサロンのコンテンツにしたいと思います。

フローリストにとっては、この情報だけでもそれ以上の価値があると思います。

アイロニーのオンラインサロンは、

以下のリンクからサロンという商品を購入すれば、フェイスブックのグループに招待するので、その年の投稿が全て読んでもらえます。全インスタライブ が保存されていたり、仕事論、素材の情報、産地の情報、アイロニ花の紹介、パリの情報、などなど盛りだくさんです。

https://www.illonyshop.com/product-list/30

ぜひ!!


57180230_2048346091885226_755238010085179392_n.jpg

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年4月18日

Thank you Christian!!


Thank you Christian!!
I really had a very good time!
Thanks for coming!
And thank you for telling me a lot of great stories!!!

俺にとっては、マイケルジョーダンと同じくらいの存在である、
クリスチャントルチュとパリで懐石に行ってきました。

なんて夜なんだろう。めちゃめちゃ沢山質問を用意していって、
めっちゃめちゃいい話を沢山聞かせてもらいました。

もちろんアイロニサロンでは詳しく話すけど、
俺が追いかけているし、沢山の影響をうけたんだから
考え方が似ているのは当たり前なのかもしれないけど、
本当に似ているところが沢山あって、だからこそ俺に足りないもの、
すべきことを気づかせてもらえたように思う。

ほんとにすごい夜だったんです。早くスタッフたちに話したい。サロンメンバーにも!


57176807_2047236525329516_5334540980123074560_n.jpg


57317131_2047236485329520_1316716705279377408_n.jpg

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年4月17日

急募!5月パリ店研修レッスン生!

欠員がでました!

4月30日から6月1日まで
パリ店にて研修レッスンに来たいという方。
アパートと昼食はこちらで用意できます。
レッスン費は総額で1万円。

毎週5日間。9時から19時まで。仕入れに参加する場合はAM5時から
間に2週間谷口の留守がありますが、
その間現地研修エステルと協力して留守番していただかなければなりません。

アパートは、店と同じ通りにあり、治安のいいエリア。
入り口にはコンシェルジュがいます。
外の道路に面していない中庭に面した1階。
シャワー、洗濯機、wi-fiがあります。

パリの基本的な花屋の仕事の流れを谷口からの指導や説明のもと、
すべて経験していただけます。
仕入れ(市場の日本とフランスの違い)
水揚げ(日本との違い)
店頭作り置きブーケ、ボックスの作成、
1つ星レストランの定期装花
5つ星ホテルの定期装花など
パリでのブーケ撮影
郊外のお城などでのブーケの撮影など。

花屋での勤務経験問いません。
英語フランス語できた方が有利ですが、できなくてもなんとかなります。
マニュアル車の運転できる人優遇。
アイロニーの社員を目指す人優遇。

ですが、どれにも当てはまらないという方も、
今回は日が迫っているので、選ばれる可能性大です。

(決定後、自己都合でキャンセルされる方や途中で帰ってしまう場合は、
900ユーロ程度のアパート代を負担していただきます。)

日本でフレンチベースの花仕事していく方で、
パリの経験を積むには、いいレッスンだと思っているので、
今後の希望者のためにも、自己都合での急なキャンセルなどで、廃止してしまいたくないです。

我こそはという方、急ですがぜひ。

履歴書相当の内容のものをメッセージしてください。
ラインのビデオ通話にてすぐに話をさせていただきますので、
QRコードも添付してもらえるとスムーズです。

57180196_2046727338713768_555842190568325120_n.jpg


57155352_2046727318713770_2127667927321673728_n.jpg

57062168_2046727382047097_7053872201811886080_n.jpg



谷口が担当するレッスン・イベントはこちら

→ 【日本】「ラ・セゾン(旧 パリクラス)」

→ 【日本】「ラフィリエ」

→ 【日本】「スペシャリテ」(特別なレッスンやイベント)

→ 【パリ】「プルミエクラス(入門・単発)」

→ 【パリ】「ラ・セゾン」

→ 【パリ】「ラフィリエ」

→ 【パリ】「スペシャリテ」(特別なレッスンやイベント)

→ 【パリ】パリやパリ郊外のガイドツアーはこちら

→ 【パリ】谷口のパリ滞在日程はこちらでご確認ください


→ 【2019年サロン入会受付中!世界中から参加できます】

花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。

公表していないアイロニーの仕事についてなど、

濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。


→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)

アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)


→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから

→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年4月16日

社内SNSの谷口日記からのシェア

今日も求人を兼ねて、社内SNSの谷口日記からのシェアを。
昨日投稿したクレドをひとつひとつ説明していこうとする第一弾です。
この続きが読みたい人は就職してください。

https://www.illony.com/shopinfo/recruit/

4月15日

今日も引き続き、クレドの話を。

順に一つ一つ、もう少し詳しく考えていることを伝えていこうと思います。

まずは、ひとつめ。

1、まず一番に楽しんで花に、仕事に向かいあってください。

体の健康と同じように心の状態も良い状態を維持することは一番大事な仕事のひとつです。
心の状態が良くないまま花に触れると花はその気を吸い取ります。

生徒さんや、インスタライブ をしていても、よく聞かれるのが、一番仕事で何を大事にされていますか?との質問で、

そのときにすぐに頭に思い浮かぶのが、このことです。

アイロニーの花の仕事は、

美しい花を生み出して、それをお客さんに喜んでもらうこと。

お客さんの喜びというのは、そのお客さんだけが喜べばいいというのではなくて、

依頼主は、多くの場合、誰かのために花を依頼してくれます。

ギフトフラワーだけじゃなくて、定期装花、イベント装花であっても、それは

人に喜んでもらったり、癒したり、おもてなしをするための花です。

ではなぜ花がなぜそういう役割ができるのか?

花にはそういう力があるからです。

美しく咲いている命の力があるからです。

昨今ドライフラワーのブームがありますが、

おれは、あれはテイストの違いではなくて

まったく職種のちがうものだと捉えています。

われわれがその仕事で関わっているのは、

われわれが切り花として命をいただいているからこそもっている花の力です。

その力が癒しや高揚感を人に与えてくれます。

そして、それらを組み合わせや束ねかたによって、さらに美しいものへと進化させて

人にそれを気づかせる、人にそれを贈らせる、ことをするというのが

我々花屋という人種の勤めだと思います。

そういう務めを、より高次元でまっとうすることがいい花屋だと思います。

そして、ちょっとさらに科学的な根拠もない話になりますが、

例えば、レッスンに遅刻してきた生徒さんが、

焦って店に到着して、ブーケを束ねる。いつもはうまくできるのに、全然上手にできない。

というようなことがあります。

または、切花や観葉植物などが、よく枯れる家という話をよく耳にします。

ブランドブティックで、同じ花を同じタイミングで複数の店にいれているのに、

あの店舗だけ悪くなるのが早い。というようなこともあります。

もちろん、温度が高い空調の問題がとか、いろいろ環境の原因もあると思うのですが、

そういう店は、納品にいくと、スタッフ間のギクシャクした感じや緊迫感が感じられます。

特に営業時間外で訪れる我々はお客さんよりもそういうことを感じやすいです。

こういうことには、科学的な根拠もあると思っています。

木々や花というのは、多くのコミュニケーションを取っていることがすでに立証されています。

意外かもしれませんが、これがおれがクレドの一番に持ってきている理由です。

非科学的なことを言うカルト団体と心配になっちゃうかもしれませんが、安心してください。

非科学的なことを強く信じるかどうかはどちらでもいいです。

気 を いい状態 に保つということができているかどうかが問題なので、

それは誰にとっても悪いことではないはずです。

不安や、不満、怒り、悲しみ、いらだち、などの感情や 

その原因となるものから

距離を置く努力を常にしてください。

またそれらをコントロールする術を

いろいろなアプローチをためして身につけてください。

スターウォーズでいうところのフォースと似ているかもしれません。

ダークサイドに落ちてしまわないようにしてください。

みんながいい心の状態を保っていられれば、その周りにもいい影響を与えますし、

なにより、 美しさ を感じる心が敏感になります。

そして、 それを生み出す指先にも気持ちがこもります。

我々は、花からは極力 その生命力を 分け与えてもらわず

花がその生命力で人に感動を与えることができるように

技術と気持ちを込めてサポートできるようにする。

それが一番根本的な 花屋 の仕事であり

喜びでもあります。

フォースとともにあらんことを。

57183738_2045652168821285_8602503100827172864_n.jpg




谷口が担当するレッスン・イベントはこちら

→ 【日本】「ラ・セゾン(旧 パリクラス)」

→ 【日本】「ラフィリエ」

→ 【日本】「スペシャリテ」(特別なレッスンやイベント)

→ 【パリ】「プルミエクラス(入門・単発)」

→ 【パリ】「ラ・セゾン」

→ 【パリ】「ラフィリエ」

→ 【パリ】「スペシャリテ」(特別なレッスンやイベント)

→ 【パリ】パリやパリ郊外のガイドツアーはこちら

→ 【パリ】谷口のパリ滞在日程はこちらでご確認ください


→ 【2019年サロン入会受付中!世界中から参加できます】

花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。

公表していないアイロニーの仕事についてなど、

濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。


→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)

アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)


→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから

→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年4月15日

So sad..

パリのノートルダム寺院で塔が倒れてしまうほどの火災がありました。。。
その映像がニュースで多く流れているのを見ましたが胸が締め付けられるような気持ちです。
カトリックの人、フランスの人の気持ちを考えると苦しくなります。。。


57502839_2045682315484937_7327867222393618432_n.jpg


57076966_2045682328818269_963273465555582976_n.jpg

57180149_2045682378818264_8601100867019472896_n.jpg


57174888_2045682438818258_5498526379127341056_n.jpg


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイロニクレド

募集していたスタッフ枠が埋まりはじめて、
新チームの構成がなんとなく見えてきました。
スタッフに向けて社内SNSで書いている谷口日記の内容も、
新スタッフの目線を考えた内容になってきた。

アイロニーには社訓があって、
世界一好きな花屋と思ってもらうため
心がけて仕事することが書かれていて、
日々の日報で今日の社訓、明日の社訓という項目があって、
日々一つずつピックアップして意識していこうとしている。

これができたのは、俺がまだパリに来はじめていない時で、
日本にずっといてみんなと一緒に現場で仕事をしていたときのことだった。

パリに来はじめて、日本のスタッフと距離ができて、
オーナーが常に店にいる店という店ではなくなってきて、
社訓よりももっと根本的な行動指針が必要だなと感じて、

常々思っていること、大事だなと思っていることを

クレド(行動指針)として書き出した。

書き出しっぱなしになっていたのだけど、

今見返しても、違和感なかったのでやはりこれは大事なことと思い、
しっかり浸透させていこうと決意しました。

【アイロニクレド(行動指針)】

1、まず一番に楽しんで花に、仕事に向かいあってください。

体の健康と同じように心の状態も良い状態を維持することは一番大事な仕事のひとつです。
心の状態が良くないまま花に触れると花はその気を吸い取ります。

2、人を責めずに、その行動を改善していこう。

なにか問題があったとしても、その人が悪いのではなくて、
その行動、事が問題となっているだけです。
改善策をみんなで考えて協力して良くしていきましょう。

3、悩むならやってみよう。

失敗することを嫌ってはいけない。
行動して失敗することで得ることは大きい。
失敗したら次はもっと上手に失敗しよう。

4、良い言葉を発するように心がけよう。

言葉には魂があります。悪口や悪い言葉は悪いことを引き寄せる。
前向きな言葉や気持ちのよい言葉、感謝の言葉を話すように心がけよう。

5、すべての問題を自分のこととして、自分で取り組めることから考え始めよう。

こうすればいいのに、とか、こうしてほしい より 
自分がこうしていれば、や こうすればよくなるかもと考える。
あなたがこうしなかったからだ、というとあなたこそ!と思うが、
私がこうしていればと伝えれば、わたしのほうこそこうしていれば、
とたくさんの改善案が生まれます。

6、やりたいこと、情熱、夢を言葉にして伝えてください。

これをやりたい、これをするのが好きだと思っている人に仕事を頼みたい。
お客さんもきっと同じです。

といういたってシンプルなもので、こんなことできていて当たり前だろう。
と思う人もいるかもしれませんが、

基本だと思うので、

できていると自分でも思っている基本を

しっかり繰り返し繰り返し意識してすることこそが、

長く続けていくうえでもっとも重要なことだと思うので、

自分への戒めとともに、これをアイロニャー全員に浸透させていきたいと思います。

57131062_2044178255635343_8839434069767880704_n.jpg




谷口が担当するレッスン・イベントはこちら

→ 【日本】「ラ・セゾン(旧 パリクラス)」

→ 【日本】「ラフィリエ」

→ 【日本】「スペシャリテ」(特別なレッスンやイベント)

→ 【パリ】「プルミエクラス(入門・単発)」

→ 【パリ】「ラ・セゾン」

→ 【パリ】「ラフィリエ」

→ 【パリ】「スペシャリテ」(特別なレッスンやイベント)

→ 【パリ】パリやパリ郊外のガイドツアーはこちら

→ 【パリ】谷口のパリ滞在日程はこちらでご確認ください


→ 【2019年サロン入会受付中!世界中から参加できます】

花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。

公表していないアイロニーの仕事についてなど、

濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。


→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)

アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)


→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから

→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年4月14日

2019年母の日ギフト!

アイロニー今年の母の日ギフトは香りのバラのアレンジメントです!!
今年はスタッフもすくなく限定数が少なくなりそうです。
そしてご注文は5月7日までで完全に締め切ります!!

例年、母の日の企画商品のみの販売となるのですが、
今年は、限定20個でタニグチが束ねるブーケという商品も作っています!!お早めに!!

深夜にライブができるかもしれません!!

▽ご注文はこちらから!
https://www.illonyshop.com/product-group/27

55849465_2026951754024660_543817471845466112_n.jpg


56608845_2026951757357993_2036402105664667648_n.jpg


55954396_2026951824024653_8353424512674430976_n.jpg


55849465_2026951754024660_543817471845466112_n-1.jpg




谷口が担当するレッスン・イベントはこちら

→ 【日本】「ラ・セゾン(旧 パリクラス)」

→ 【日本】「ラフィリエ」

→ 【日本】「スペシャリテ」(特別なレッスンやイベント)

→ 【パリ】「プルミエクラス(入門・単発)」

→ 【パリ】「ラ・セゾン」

→ 【パリ】「ラフィリエ」

→ 【パリ】「スペシャリテ」(特別なレッスンやイベント)

→ 【パリ】パリやパリ郊外のガイドツアーはこちら

→ 【パリ】谷口のパリ滞在日程はこちらでご確認ください


→ 【2019年サロン入会受付中!世界中から参加できます】

花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。

公表していないアイロニーの仕事についてなど、

濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。


→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)

アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)


→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから

→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年4月 8日

急募!!5月のパリ店研修レッスン!

4月に入って、新たなスタートをいう方も多いのか、
ポツポツと履歴書が届くようになってきました。

引き続き、芦屋本店、青山店で 店長、正社員、パートタイムスタッフ、募集しています。

https://www.illony.com/shopinfo/recruit/

また先日募集していたパリ店の短期研修レッスン生ですが、
一人は、6月7月ならという方に決まりそうで、
4月30日から5月31日まで可能という方がいたら、空きがあります。

レッスン費用は総額1万円。アパートが貸与されます。
暖かくなりフランスの生産者の花も出始めて非常に良い季節です。

週5日谷口のほとんどの仕事に同行してもらいアシスタントをしながら学んでいただけます。
仕入れから店頭ブーケなどの作成、ホテルやレストランの装花や、パリや郊外での撮影など。

帰国後アイロニーの社員を希望している方を優先しますが、そうでない方も相談ください。
花屋の仕事の経験の有無、英語フランス語は問いません。

この月は間に2週間谷口が帰国するため、現地アシスタントエステルとお留守番の時期がありますので、いろいろ挑戦したいという方にはいいかと思います。

現職の日本のフローリストは母の日時期なので難しいかもしれませんが、現在仕事がフリーの人、これから花屋を目指す人にはチャンスだと思います。
履歴書相当の内容をメールにて谷口までお送りください。

お待ちしております。

56806614_2035389229847579_7798069315562897408_n.jpg



谷口が担当するレッスン・イベントはこちら

→ 【日本】「ラ・セゾン(旧 パリクラス)」

→ 【日本】「ラフィリエ」

→ 【日本】「スペシャリテ」(特別なレッスンやイベント)

→ 【パリ】「プルミエクラス(入門・単発)」

→ 【パリ】「ラ・セゾン」

→ 【パリ】「ラフィリエ」

→ 【パリ】「スペシャリテ」(特別なレッスンやイベント)

→ 【パリ】パリやパリ郊外のガイドツアーはこちら

→ 【パリ】谷口のパリ滞在日程はこちらでご確認ください


→ 【2019年サロン入会受付中!世界中から参加できます】

花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。

公表していないアイロニーの仕事についてなど、

濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。


→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)

アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)


→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから

→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年4月 4日

【満席】特別コース・1日集中フローリストビジネスコース

**こちらのクラスは満席になりました!現在キャンセル待ちのみ承ります!

ーーー
5月17日(金)アイロニー芦屋本店にて。
以前にも一度開催していて再度開講の要望の多かった、
フローリストの作成以外の仕事にフォーカスした1日集中のコースレッスンを開催します。
アイロニー19年のノウハウをお見せします。

内容は、
朝6時から
仲卸での仕入れにて仲卸との付き合い方、アイロニーおすすめの産地情報に始まり、
水揚げの基本、その後の花の管理の基本。
その後は、
アイロニーの主軸である、ウェブショップの仕組み、
受注から、決済などの流れなど、ウェブショップ運営のノウハウ。

ランチ休憩は、芦屋おすすめのレストランで、ひとりずつ質問や悩み相談タイム。

午後からは、ちょっと一息の実技で

オアシスセットから、ベーシックなアレンジメント作成。

そして、写真撮影のハウツーから、

lightroomをつかっての写真現像と、lightroomライブラリの写真による顧客管理の紹介。

からのラッピングと、梱包。

ギフトフラワーの発送に関しては、十数年前から、カルティエ、ハリーウィンストン、ティファニー、など多くのハイブランドの顧客へのバースデーフラワーの発送業務を年間千件近くという実績のもとで培った、ノウハウをすべてお見せします。

料金は 86400円 
時間は朝6時JR芦屋駅集合 終了は17時頃を予定。

お申し込みは、 

info☆illony.com(☆を@にかえてお申し込みください) にて先着順となり、
次回開催は未定ですので、お早めにお申し込みください!

↑こちらのクラスは満席になりました!現在キャンセル待ちのみ承ります!


56553669_2029630877090081_6422084724478443520_n.jpg


56260479_2029630860423416_6879390431017172992_n.jpg




谷口が担当するレッスン・イベントはこちら

→ 【日本】「ラ・セゾン(旧 パリクラス)」

→ 【日本】「ラフィリエ」

→ 【日本】「スペシャリテ」(特別なレッスンやイベント)

→ 【パリ】「プルミエクラス(入門・単発)」

→ 【パリ】「ラ・セゾン」

→ 【パリ】「ラフィリエ」

→ 【パリ】「スペシャリテ」(特別なレッスンやイベント)

→ 【パリ】パリやパリ郊外のガイドツアーはこちら

→ 【パリ】谷口のパリ滞在日程はこちらでご確認ください


→ 【2019年サロン入会受付中!世界中から参加できます】

花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。

公表していないアイロニーの仕事についてなど、

濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。


→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)

アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)


→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから

→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年3月30日

スタッフ募集しています。

谷口個人としてはニューヨークにも活動の場が広がることに決まって
特に最近は、海外の多くの人にアイロニーの花が見てもらえるようになっていると感じています。
しかしながら、海外に活動の場を広げた根本的な目的である既存の店をよくしていくという部分では、
もちろん今もスタッフはよくやってくれていて、
谷口不在でも日本でトップクラスの店を保てていると自負していますが、
理想の店にしていくには、もっとたくさんの協力者が必要です。

花仕事のキャリアのある人は、優遇しますし、
経験のない人も歓迎します。
多くの人を面接していて気づいてきたことは、
長く働いてもらえる人を選び、会社としても長く働いてもらえる環境を提供すること。
そしてその人にアイロニーのことをよく知っていてもらうこと。
アイロニーを世界一好きな花屋にするために、同じ方向を向いていてもらうこと。
多くのことに前向きに挑戦していける人。
素直さを持って、アドバイスを受け入れることができる人。
を求めていることがわかりました。

パートタイム希望で、小さなお子さんがいて、
勤務時間が短くなる人も、今後徐々に勤務時間と日数を増やしていけるということでしたら、歓迎です。
また、今回は、店長として、バリバリ店をひっぱっていきたいし、
各店のメインフローリストとして、いろいろな仕事をしていきたいという、店長候補も募集します。

一つの花屋歴が6年ある人が望ましいですが、
それに準ずる人も希望があればどんどんアピールしてください。
経験により、給与も28万から30万ほどを考えていますので、我こそはという方ぜひ!

リンクのリクルートのページをよく読んで
履歴書相当の内容がわかるものをメールで送ってください!
https://www.illony.com/shopinfo/recruit/


55597528_2021505081235994_2920226536034402304_n.jpg



谷口が担当するレッスン・イベントはこちら

→ 【日本】「ラ・セゾン(旧 パリクラス)」

→ 【日本】「ラフィリエ」

→ 【日本】「スペシャリテ」(特別なレッスンやイベント)

→ 【パリ】「プルミエクラス(入門・単発)」

→ 【パリ】「ラ・セゾン」

→ 【パリ】「ラフィリエ」

→ 【パリ】「スペシャリテ」(特別なレッスンやイベント)

→ 【パリ】パリやパリ郊外のガイドツアーはこちら

→ 【パリ】谷口のパリ滞在日程はこちらでご確認ください


→ 【2019年サロン入会受付中!世界中から参加できます】

花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。

公表していないアイロニーの仕事についてなど、

濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。


→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)

アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)


→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから

→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Monthly Archives

PAGE TOP