blog du I'llony 世界一好きな花屋といってもらえるように 芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーオーナー谷口敦史のブログ

2021年8月25日

レッスン動画はYouTubeで全て無料公開してます!


YouTubeでレッスン動画は全て無料公開しております。花材はオンラインストアからご購入で全国発送。ご自宅で楽しんでいただけます。
https://www.illonyshop.com/product/878

田舎風ブーケの束ね方 ブーケシャンペトル 8月25.26.27.28日花材到着分 オンラインレッスン プルミエクラス
https://youtu.be/j2DvzgPid4g



谷口が担当するレッスン・イベントはこちら
→ 【日本】オンラインレッスン開講中です!



→ 【2021年サロン入会受付中!世界中から参加できます】
花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。
公表していないアイロニーの仕事についてなど、
濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。




→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)


アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)




→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから
→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年8月18日

全文公開【サロンメンバーのための谷口日記vol.208】8月17日 『優しさ本プロジェクトのシナリオ』


オンラインサロンで毎日書いてる日記を時々公開しています。オンラインサロンの入会はこちらから。
https://www.illonyshop.com/product/1026

【サロンメンバーのための谷口日記vol.208】
8月17日
『優しさ本プロジェクトのシナリオ』

一昨日スタートした優しさ本プロジェクト。
嬉しいことに想像以上の反響を頂いて、すでに160冊の優しさ本が、
医療従事者や癒やしを求める人の元に届けられることがきまっています。

でも、こういうのって数字は目安にはしても、
目的にはなりません。しちゃだめです。
多くても少なくてもいいんです。
ひとりひとりの気持ちが大事。

そして、
いい企画だねと褒めてもらえるのですが、
この企画は、花のちからがあってこそです。
そして、その花のちからの助けが必要なポイントは2箇所あって

ひとつめは、
この企画を知ってグッズを買おうかなと思うとき。
もちろん優しい人達の、医療従事者になにかしたいという思いが
一番大きいと思うのですが、
ハートのコラージュの魅力もとても大事です。
あの日集まったバラが調和して、いい仕事をしてくれています。

しかし。
このプロジェクトの真の目的はこのあとなのです。
写真集『パリの花束』の花たちが、届いた先で
受け取った人たちを癒やすことができるのか。
そこが一番重要です。

目に見えてリアクションには表れないかもしれないけど
どうかどうか。すこしでも心が休まればいいなぁと思います。

この企画を考えたときに、
このあとの仕組みもなにかつくろうと思えばつくれました。
3.11のときの花のちからプロジェクトのときは、
無料で配った花を受け取った人が、
これで元気が出たら、被災地支援の団体に募金をしてもらうという
建て付けにして、たくさんの人が募金をしてくれました。

それとはまた全然状況が違いますが、
本を受け取った人が癒やされたときのアクションを設計しておいて
グッズを買ってくれた人、贈った人、うちのスタッフたち、
そして自分自身が、
ああ、やってよかったなぁと思える循環にすることも考えましたが、
そこはなしにしました。

もちろん仕組みを説明するときに複雑になるのも良くないし、
へんな義務も生みたくないし、
癒せたかなぁ。癒せていますように。と
祈るのもいいのではないかと。
結末はどうなったのかが描かれていない映画みたいに
癒せていますように。という『祈り』が
心に残って
参加してくれたみなさん、自分自身に対しては
ひとまず成功かなと思っています。


239556217_4078018852251263_4080787033647473500_n.jpg



谷口が担当するレッスン・イベントはこちら
→ 【日本】オンラインレッスン開講中です!



→ 【2021年サロン入会受付中!世界中から参加できます】
花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。
公表していないアイロニーの仕事についてなど、
濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。




→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)


アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)




→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから
→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年8月16日

優しさ本プロジェクト


46歳のおじさんがきゃわいいハートのコラージュをつくったのには理由があります。
コロナ禍、医療従事者や気持ちが落ち込んでいる人に
花で役に立てることをしたいなぁと心のどこかで思っていて
チャリティガラパーティの装花や、結婚式の花を引き下げてきたもので、ボランティアを募ってブーケにして、病院に届けることをしました。

受け取ってくれた医療従事者の方にも喜んでいただけましたが、確実にやった自分たちの気持ちが救われる部分がありました。
もう少し継続的に無理なく続けたいなぁと思い。
写真集『パリの花束を』医療従事者や気持ちの落ち込んでいる癒やしの必要な人に贈るという企画を始めたいと思います。

?まず谷口が花をつかってコラージュ作品を作ります(写真)

?コラージュ作品の写真をつかってポーチやトートなどのグッズを作り販売します。グッズはこの優しさ本プロジェクトに参加した人だけがもっています。

?同時に、無料の写真集(『優しさ本』と呼びます)販売ページを作ります。医療従事者の方が自分でオーダーすることもできるし、誰かが医療従事者の知り合いに贈ることもできます。医療従事者だけに限定せず、気持ちが落ち込んでいてこの本が癒やしになりそうな人なら利用してください。

?コラージュ作品のグッズが売れた数だけ、
『優しさ本』の在庫数をふやします。

さて、この仕組みでどのくらい花の写真集が贈られるか見てみたいと思います。みなさまふるってご参加いただければ幸いです。
グッズ購入と優しさ本購入はこちらから!
https://www.illonyshop.com/product-list/48


238880307_4072540649465750_5230108182981344961_n.jpg



谷口が担当するレッスン・イベントはこちら
→ 【日本】オンラインレッスン開講中です!



→ 【2021年サロン入会受付中!世界中から参加できます】
花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。
公表していないアイロニーの仕事についてなど、
濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。




→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)


アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)




→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから
→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年8月 9日

全文公開【サロンメンバーのための谷口日記vol.201】8月9日 『宝探し』

オンラインサロン内で毎日書いてる日記の公開記事。
【サロンメンバーのための谷口日記vol.201】
8月9日
『宝探し』

今日はディプロマコースレッスンの二日目。月曜日は仕入れもあるので、バタバタしがちな日である。
タニグチはレッスンの講師なので、デモンストレーションをしたあとは、生徒さんが制作するのを見ている。あまりあーしてこーしてとは教えないように、自分のやり方や自分の綺麗を探してもらうように、アドバイスをするようにしている。

なので、デモが終わったらちょっと引いたところから
様子を見ているのだけど、
今日はスタッフたちの動きに改善すべき点がたくさんみられた。
それは新しく伝えないといけないことではないものも見られた。
ルールとして事前にマニュアルで説明していることを
理解できていないのか、ルール通りにしていないスタッフもいた。
谷口は、声を荒げて怒るようなことはまずない。穏やかでいることが花を束ねるフローリストの最重要仕事だから。

それでも、ぴりっと叱るときがあって、
それはどういうときかと言うと、
知っている、できる、知っているべきこと、を軽視してしていないときだ。
これはもう確信犯なので、それがいかにダメなことか、強く印象に残してもらう必要があると思うので、ピリッと叱ることにしている。

今日の出来事は、そのくらいのことも含まれていたのだけど、
生徒さんがいる日だったので、そこではそれは避けることにした。
その後も、いくつか不手際があり、しかし、そんなことはよくあることなので、対処を見ていたのですが、
その場は、すぐにリカバリーしてくれるのですが、
大事なところが抜け落ちている感じでした。

それは些細な不備の『再発防止策を話し合ったり共有する時間』を取れていないことでした。
これは非常にもったいないことをしています。
みんなに『任せている日々の仕事というのは、
それを遂行してもらうことだけでなく、
それを遂行してもらうなかで得る経験によって
さらにその仕事の精度をあげてもらうこと。』
というのが依頼している仕事です。

花屋はなによりも経験が宝です。
お客さんにせっかく機会を与えてもらって、
些細なことであっても、ミスや改善点があったのに
それを見つけられない。
そういう状態では、仕事を1年続けたって、
2年目の花屋にはならない。
日々の些細なことに気付けるかどうか。
些細なことだけど、10年続けている花屋になったときには
大差がついているということになってくる。
やはり、ストイックに仕事を突き詰めて
成長していくことがやりがいです。

というスタンスは、アイロニーのような店には必要だと強く感じた日でした。
仕事をみんなとワイワイなかよく楽しむ、店をいい雰囲気に保つということは120点でしてくれているので、さらにそれをいい方向に向けていけるようになればもっと良い店になっていけると思います。

レッスンが終わってスタッフに思っていることは伝えましたが、
補足として、ここにも記しておきます。
というような日記を毎日書いてるオンラインサロン。
そして、サロン内では、人気の花器ディアボロの限定抽選販売などをおこなっています。入会はこちらから。
https://www.illonyshop.com/product/1026


217786253_4052997918086690_6857566523662115410_n.jpg



谷口が担当するレッスン・イベントはこちら
→ 【日本】オンラインレッスン開講中です!



→ 【2021年サロン入会受付中!世界中から参加できます】
花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。
公表していないアイロニーの仕事についてなど、
濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。




→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)


アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)




→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから
→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年7月19日

全文公開7月18日『アイロニーのフローリストやデザイナーの心構え』


オンラインサロンで毎日書いてる経営や創作についての裏側を書いている日記を今日は全部公開。
サロン入会希望者はこちらから
https://www.illonyshop.com/product/1026

【サロンメンバーのための谷口日記vol.178】
7月18日
『アイロニーのフローリストやデザイナーの心構え』
アイロニーのスタッフの仕事のポジションはアシスタントからはじまって、フローリストになり、その後デザイナーを目指す。
1年毎に昇給もあるけど、フローリストになれば昇給し、デザイナーになればのまた昇給する。

フローリストは、仕入れをしたりオーダーギフトを製作するポジションで、デザイナーは、レッスンの講師をしたり、イベント仕事などデザインが必要な仕事のデザインをする。
トレーニングの仕組みが整ってきて、技術的なマニュアルは、徐々にできつつあって、
多くのアシスタントが練習で、アイロニーのアレンジやブーケをつくるルールを理解して、きれいなアイロニブーケやアレンジをつくってくれるようになっている。
しかし、インスタグラムでの発信などをみていると、
まだまだ根本的なフィロソフィーが人に伝えられるほどにはなっていない。
レッスン講師をしていってもらうには、必須のことだ。

対面レッスンが再開されるようになったり、
インスタライブでオンラインレッスンの講師を担当するようになるには、これができるようにならないと、アイロニーはまだ次の段階に進めないだろう。

では、どういう部分か。
例えば、アイロニーでのフローリストは
花を仕入れる、選ぶ、組み合わせる、束ねる、デザインする、
のような段階で、全て 
谷口がするように。
を100%意識しなければならない。
これが、過去のスタッフたちは出来なかった。

谷口が決めたルール(縛り)のなかで、自分の選択をしているように感じた。
発信をしてもらうとよく分かる。
レッスンの講師に教えて欲しいことや、後輩フローリストに伝えてほしいことは、
『自分が、アイロニーのルールのなかで身につけたこと』ではなくて、
『谷口が考えていること』だ。
ブーケをおまかせでまかされたら、それはアイロニーに、谷口に、任されたことなので、谷口ならどう選ぶかだけを意識する。

そして、
自分がこういう仕事を担当してやりました。
ではなくて、アイロニーがこういう仕事任されました。
と発信する。
谷口はよくこう言います。谷口はこういう風に花を選びます。谷口はこういう風に花を束ねます。ということを発信したり、伝えられる。

自分個人ではなく、
アイロニーのブランドを谷口のブランドを一番に高めることが、
『スタッフ全員の価値や報酬を高めることになる。』
ということを理解できる人は
アイロニーのフローリストであり、デザイナーとして評価される人で
仕事を任せていきたい人です。
そういう人を評価して、多くの給料を取ってもらうことが、
スタッフ全員の報酬を高めていくことにつながっていくと考えています。

220227433_3991524387567377_3395349831364295995_n.jpg



谷口が担当するレッスン・イベントはこちら
→ 【日本】オンラインレッスン開講中です!



→ 【2021年サロン入会受付中!世界中から参加できます】
花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。
公表していないアイロニーの仕事についてなど、
濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。




→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)


アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)




→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから
→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年7月16日

[YouTube] バラ100本のブーケの束ね方

インスタライブの保存をずっとアップし続けてたら、チャンネル登録者数7500人に。
毎月数万円程度の収益だけど、YouTubeからアイロニー を知ってくれたというかたはぐっと増えたように思います。
バラ100本の豪華なブーケのオーダーがあったので
久しぶりに横位置で動画を撮ってアップしてみました。
スマホで撮って5分ほど切ったり早回しにしたりしただけですが。




谷口が担当するレッスン・イベントはこちら
→ 【日本】オンラインレッスン開講中です!



→ 【2021年サロン入会受付中!世界中から参加できます】
花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。
公表していないアイロニーの仕事についてなど、
濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。




→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)


アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)




→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから
→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年7月13日

チラ見せ!【サロンメンバーのための谷口日記vol173】


注:アイロニサロンに入ってほしくて毎日書いてるサロン日記の途中までのチラ見せ記事です。

【サロンメンバーのための谷口日記vol173】
7月13日
『育成で一番役立つ資料』

今日は午後からスタバに陣取って、青山店のスタッフに1人ずつ来てもらって、1人1時間ほどサシで話をしました。
前回は1月だったのですが、前回までに比べて随分職場環境も改善されたのだなぁと感じました。
ここをなんとかしてくれよ!という職場環境への不満の訴えよりも
ここをこうしたらもっと良くなるよねという建設的な仕組み改善をそれぞれと話し合えました。
現場から、あーこうすればもっと良くなるね。というアイデアもたくさん見つけられました。
今年1年とくに育成に力を入れてきて、わかってきたのですが、
いままで育成を現場に任せていて3年かかっていた育成は半年でできそうだなと言うことです。
(もちろん個人差はでてきますが)

5年後年商10億の目標を掲げたことで、
職人の育成は最重要項目になったので、
育成を見直してみると、
マニュアル化できるところがまだまだあって、
しかも動画化することで、さらに効率化でき
教える側のスタッフの時間も守れるし、教わる側の理解度も高くなるので、
どちらも気持ちよく伝え教わる事ができるようになってきました。

今日のミーティングでは、まだまだマニュアル化できる部分あるねとわかって、
そのための資料を普段の仕事のときに集めていってもらうことを指示しました。
育成で一番役に立つ資料が現場にあるのです。それは。。。
続きはオンラインサロンにて!
https://www.illonyshop.com/product/1026

217740060_3976205712432578_7603533165863708251_n.jpg

217000538_3976205679099248_5813599920820188945_n.jpg

217635105_3976205659099250_625572746890964018_n.jpg




谷口が担当するレッスン・イベントはこちら
→ 【日本】オンラインレッスン開講中です!



→ 【2021年サロン入会受付中!世界中から参加できます】
花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。
公表していないアイロニーの仕事についてなど、
濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。




→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)


アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)




→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから
→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年7月 9日

久しぶりに飛行機のチケット予約


久しぶりに飛行機のチケット予約しました。
日本帰国時の2週間隔離はまだ避けられなさそうですが、9月中旬にようやく3週間ほど戻ってパリ店で仕事してきます。
車を買い替えたり、依頼を受けたままになっている『パリであなたの花束を』の撮影をしたり。
以前のように毎月20日パリ10日日本というサイクルからは脱却して、パリ店にもチームを作って、
谷口は、どちらかと言うと軸足は日本寄りで、仕事をしていく事になるので、
そのために今年出来うることをしてこようと思います。

216859585_3964200723633077_3359114543313202699_n.jpg

215847566_3964201220299694_4525416208869684182_n.jpg

215772516_3964200780299738_167170826726396929_n.jpg



谷口が担当するレッスン・イベントはこちら
→ 【日本】オンラインレッスン開講中です!



→ 【2021年サロン入会受付中!世界中から参加できます】
花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。
公表していないアイロニーの仕事についてなど、
濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。




→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)


アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)




→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから
→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年7月 6日

新しいグッズ続々進行中です!


ロゴグッズ
Tシャツ、マグカップ、ときて
トートが来週には登場。
フローリフトナイフは、スイスで制作中なので
2ヶ月後。
エプロンとノートというのが次にリクエストが多いのだけど、難航中。
ノートなんて、なんで写真集フラビュラスより高くなるんだと思ってしまって話が進みません。笑。
Tシャツに新色 リクエストのあった
白Tに赤ロゴ 追加しました。
https://www.illonyshop.com/product/1082

あ.png




谷口が担当するレッスン・イベントはこちら
→ 【日本】オンラインレッスン開講中です!



→ 【2021年サロン入会受付中!世界中から参加できます】
花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。
公表していないアイロニーの仕事についてなど、
濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。




→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)


アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)




→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから
→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブーケを受け取ったときの笑顔の写真を撮り溜める理由


A smile is more beautiful than a bouquet.
写真集フラビュラスは、500円でA4サイズ128ページフルカラーのボリュームなんだけど、
手間はほとんどかかっていなくて、ただ写真を並べただけになっています。

その中でちょうど真ん中のページだけ、花の写真じゃないページの見開きがあります。
笑顔のページです。

ブーケを受け取ったときの笑顔の写真をたくさん集めて並べています。
このページが一番好きだと言ってくれる人もいます。

アイロニーが作りたいのは美しいブーケではなくてこの笑顔なので、
いつか笑顔ばかりの写真集が作れるといいなぁと思って撮り溜めています。
花を受け取った時人はみんな笑顔になる。だから花屋は世界で一番幸せな仕事なんだ。
この仕事に興味をもったきっかけになった映画Bed of roses (邦題はマンハッタン花物語)で
クリスチャン・スレーターが言ったセリフです。

20年たった今でもそう思える
いいセリフでした。
写真集を作る時に全員に許可を取るのが大変そうだなぁ。。。笑。
出たらみんな20冊ずつくらい買ってね。

214360637_3957095954343554_8817132228934763502_n.jpg

214392281_3957096327676850_5881371689568119872_n.jpg

214450068_3957096197676863_2207274549033138884_n.jpg

214859805_3957096364343513_6311436521494362303_n.jpg



谷口が担当するレッスン・イベントはこちら
→ 【日本】オンラインレッスン開講中です!



→ 【2021年サロン入会受付中!世界中から参加できます】
花好きが集まるオンラインサロン【Salon du I'llony】

花や花の仕事、パリからの様々な写真と情報、パリでの様々な物語。
公表していないアイロニーの仕事についてなど、
濃密な花のコミュニケーションができる有料オンラインサロン。




→【アイロニーのアレンジやブーケを教える先生になりたいかたへ】

アイロニーフラワースクール認定校(一般受講生クラス)


アイロニーフラワースクール認定校(ディプロマ取得生クラス)




→ 最新のレッスン情報はメルマガでお届けします!登録はこちらから
→ 日本・パリ店のスタッフ募集の詳細はこちら



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Auther

florist jardin du I'llony
creative director
Atsushi Taniguchi

谷口 敦史
1975年3月31日生まれ

芦屋と南青山とパリに店を構える花屋アイロニーのオーナーフローリスト。 独学ながら自然のバランスと花のもつ色気をコンセプトにしたデザインが多くのブランドに認められ店内装花やイベント装花などを手がける。 企業への花をつかった商品企画や広告への花写真の提供など幅広く活動。 自身の撮影による写真集FLOWBULOUS(フラビュラス)は現在ISSUE3まで発刊し累計45000部突破。

多くの人に世界一好きな花屋がある人生の豊かさを感じてもらうことを目標に邁進中

>>詳しいプロフィールはこちら

FLOWBULOUS01

flowbulous01

ISSUE 1 Faraway so close

FLOWBULOUS02

flowbulous02

ISSUE 2 Conversation

FLOWBULOUS03

flowbulous03

ISSUE 3 Enchanted

photo & story Avec les fleurs

photo & story Avec les fleurs

I'llony TV

I'llony TV

SALON DU I'LLONY

SALON DU I'LLONY

2021年9月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Monthly Archives

PAGE TOP